top page > TeX > here

FreeBSD における TeXLive の導入


概要

対象は次のようなものです.

  1. FreeBSD 8.4, 9.3, 10.3
  2. ports は 2014.8.25, 2015.7.30, 2016.6.30 付のもの.
  3. TeXLive は 2014.5.25 および 2015.5.21 付のもの.

内容は次のようなものです.

  1. ports/packages として導入するのものを列挙する.
  2. (お好みで) 導入後に行なうべき設定作業の概要を示す.

目次

1. 導入
2. 導入後の設定

1. 導入

TeX に関連する ports として直接導入したのは以下の二つです.
(注) 以下に提示したのは 2014.8.25 付の ports の場合です. 2015.7.30 付の ports では各々の version が異なります.

また,個人の好みとして以下のものも導入しています.

texlive-20140525-texmf.tar.xz が巨大なファイルなので,download に数時間を要しました. (この時間は通信環境によりますが.) make する際にはこの点にも注意が必要です.

以上のものを導入すると,依存関係から以下の ports が導入されます. (ghostscript9, gv が依存するものは省略.)

TeX に直接関連するファイルは,以下に置かれます.

/usr/local/share/texmf/
/usr/local/share/texmf-config/
/usr/local/share/texmf-dist/
/usr/local/share/texmf-local/
/usr/local/share/texmf-var/

私の使い方の範囲内では,以下の 2 点以外は使用法も動作も teTeX の頃と同じでした.

  1. xdvi は日本語の表示ができません.[1][2]
    tlptexlive に収録されている pxdvi ならば日本語の表示ができるらしいのですが,ports になっておりません.
    dvips を介して PostScript にして gv で見れば良いのですが,拡大等の動作が遅いのが難点です.
  2. japanese/mendexk-euc は ports にありますが,以下に示すように make install できません.
    (mendextexlive に収録されておりますが,日本語が使えるか否かはまだ試しておりません. UTF-8 でなく EUC で使いたいのですが.)
# make install
(中略)
pkg-static: ja-mendexk-2.6c conflicts with texlive-base-20140525_1 (installs files into the same place).
Problematic file: /usr/local/bin/mendex
*** Error code 70

UTF-8 の環境や PDF への変換は未体験なのですが,機会があれば試してみようと思います.

[1] xdvi の代用として,graphics/okular を試してみました. make config には DVI という選択肢があります. これは default は off ([ ]) ですが,on ([X]) にします. これを on にする場合には "requires teTeX" とありましたが,TeXLive を導入してある環境でも問題なく make できました. 動作ですが,

[2] 2015.7.30 付の ports で導入される 2015.5.21 付の TeXLive に収録された は xdvi (xdvik-22.87) では日本語が表示されます.

2. 導入後の設定

基本的には teTeX の設定法がそのまま使えます. 以下に差異を示します.(ただし,試用しながら差異を見つけている状態ですし,あくまで私の使い方の範囲内なので,これらがすべてではないでしょう.)

(1) cls file の置き場が

/usr/local/share/texmf/ptex/platex/base/

から以下に変更されています.

/usr/local/share/texmf-dist/tex/platex/base/

私は自前の cls file を

~/texmf/ptex/platex/base/

に置いていたので,それらを以下に移動しました.

~/texmf/tex/platex/base/

具体的には次のようにしました.

% cd ~/texmf
% mv ptex/platex tex
% rmdir ptex            ← ptex が空の場合に限る.
% mktexlsr .

(2) jbibtex がなくなりました. 代わりに pbibtex が提供されております.

私は自前の bib, bst file を

~/texmf/jbibtex/bib/
~/texmf/jbibtex/bst/

に置いていたので,それらを移動する必要がありました.

% cd ~/texmf
% mv jbibtex pbibtex
% mktexlsr .

(3) TeX におけるロシア語  4. OT2 に関する諸注意 にて述べた,LH font の Small Caps の Cyrc (ц) が大文字になってしまうバグは修正されています.

(4) xdvi の日本語フォントは /usr/local/share/texmf-dist/fonts/map/xdvi/xdvi-ptex.map にて次のように設定されています.

% IPA font (http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/)
rml        JIS-H        ipam.ttf
rmlv       JIS-V        ipam.ttf
gbm        JIS-H        ipag.ttf
gbmv       JIS-V        ipag.ttf

これらのファイルは /usr/local/share/texmf-dist/fonts/truetype/public/ipaex/ にあります.

別のフォントを使いたいならば,そのファイルを同じところに置いて mktexlsr を実行し,xdvi-ptex.map を書き換えます. または,xdvi-ptex.map に次のようにファイルを絶対パスで指定します.

rml       JIS-H        /usr/local/share/font-mplus-ipa/fonts/ipam.ttf

この例ですと,ファイル名は同じ ipam.ttf ですが,/usr/local/share/texmf-dist/fonts/truetype/public/ipaex/ にあるものの方が日付は新しいし,ファイルも大きいです. (以下,ここの話題に関連するファイル以外は省略しました.)

% ls -l /usr/local/share/font-mplus-ipa/fonts
-r--r--r--  1 root  wheel  2890224 Jun 14  2007 ipag.ttf
-r--r--r--  1 root  wheel  2890444 Jun 14  2007 ipagp.ttf
-r--r--r--  1 root  wheel  3581092 Jun 14  2007 ipam.ttf
-r--r--r--  1 root  wheel  3581116 Jun 14  2007 ipamp.ttf
% ls -l /usr/local/share/texmf-dist/fonts/truetype/public/ipaex/
-rw-r--r--  1 root  wheel  6235344 Oct 28  2011 ipag.ttf
-rw-r--r--  1 root  wheel  6235712 Nov 15  2014 ipagp.ttf
-rw-r--r--  1 root  wheel  8046712 Oct 28  2011 ipam.ttf
-rw-r--r--  1 root  wheel  8046048 Nov 15  2014 ipamp.ttf

ちなみに,後者は ja-font-ipa (ports/japanese/font-ipa) のフォントとファイル名 (拡張子) は異なりますが,中身は同じです.

% ls -l /usr/local/share/font-ipa
-rw-r--r--  1 root  wheel  6235344 Jul  3 20:23 ipag.otf
-rw-r--r--  1 root  wheel  6235712 Jul  3 20:23 ipagp.otf
-rw-r--r--  1 root  wheel  8046712 Jul  3 20:23 ipam.otf
-rw-r--r--  1 root  wheel  8046048 Jul  3 20:23 ipamp.otf