top page > PC unix > here

FreeBSD/amd64 8.4 on Endeavor NP25S (新環境)


概要

FreeBSD/amd64 8.4 にて ports を更新しました. また,packages の管理を pkgng に変更しました. その記録を提示致します.


目次

1. まえがき
2. pkgng
3. firefox
4. Wnn7
5. X Window System

1. まえがき

前のページ (2) から変えたのは以下の点です.

1. packages の管理を行なう ports-mgmt/pkg を導入した.
  2014.9.1 から旧 pkg が使えなくなるため,対応しました.

2. ports を 2014.8.25 付のものに更新した.

新しい ports においては clispxemacs がなくなっています. 代替えがあるとはいえ teTeX もです. 暇があったら,高速な PC を買って旧環境を使える形に整備しておきたいところです.[2] 本当は新環境を整備することに時間を使うべきなのでしょうが.

ports の makegcc でなく clang を使うものもあります. (graphics/libopenraw など.[1]) したがって,それを make すると clang33, llvm33 が導入されます. (clanggcc とは conflict しません.)

[1] それを見分けるのは,例えば graphics/libopenraw/Makefile のここの部分か ?

USES=           compiler:c++11-lang

[2] この環境を作った HDD の調子が悪くなり console に怖い警告が出始めたので,予備の HDD にて FreeBSD 8.4 +「旧環境」として作り直しました. (次頁) 新環境の方は,FreeBSD 9.3 の方で試用して行くことにしました. (次々頁)

2. pkgng

1. 最新の pkgng を install する. (ちなみに,この時点での ports-mgmt/pkg/ は 1.3.6 でした.)

# /usr/sbin/pkg
The package management tool is not yet installed on your system.
Do you want to fetch and install it now? [y/N]: y
Bootstrapping pkg please wait
_http._tcp.pkg.FreeBSD.org
Installing pkg-1.3.7: 100%
(後略)

version は次のようにして確認する.

# pkg -v
1.3.7

2. package データベースを新しいフォーマットへと変換する.

# pkg2ng

これを実行したら /usr/local/etc/pkg.conf を修正するように言われて終わることもある. その場合には次のようにすれば良い.

# cd /usr/local/etc
# cp pkg.conf.sample pkg.conf
# pkg2ng

3. FreeBSD が 10.X より前であれば,以下の行を /etc/make.conf に追加して pkgng を用いるように設定する.

WITH_PKGNG=     yes

この変更が反映していない ports ならば,更新する.

pkg の機能はたくさんありますが,以下は必須でしょう. version を記述する必要がなくなった点は便利です.

# pkg install packagename
# pkg info    packagename
# pkg delete  packagename
# pkg autoremove             不必要になった package を削除

私は ports の方の管理ツールも使っていないので,この機会にそちらの使用法も習得したいものです.

3. firefox

現在の ports においては,firefox は version 31.0 です. しかし,なぜか gcc 4.9, 4.10 では make できません.

現在の ports においては,firefox-esr は version 24.7 です. これは gcc 4.9 で make できます.

しかし,実行時に,次のようなメッセージを出し,core を吐いて落ちます.

Bus error (core dumped)

この問題は,最初に make を実行する際,または make config にて OPTIMIZED_CFLAGS のチェックをはずせば生じなくなります.

 [ ] OPTIMIZED_CFLAGS  Use extra compiler optimizations

また,以下のようなメッセージが必ず出ますが,動作には影響ありません.

(process:1256): GLib-CRITICAL **: g_slice_set_config: assertion `sys_page_size == 0' failed

4. Wnn7

pkg 1.3.6 の環境にて pkg2ng を実行した際に,Wnn7 関連の library が見つからないという警告が多数出ました. ただし,少なくとも jserver は問題なく動作しております.

pkg 1.3.7 の環境にて pkg2ng を実行すると,この警告は出なくなりました. とはいえ library の問題が解消されたわけではないと思うので,機会があれば Wnn7 関連の実行形式を ldd で調べてみます.

5. X Window System

(2) から変わりありません. すなわち,

  1. xorg-server-1.7.7 を導入しました.
  2. xf86-video-intel は intel driver 2.7.1 なのですが,動作しません. Makefile, distfiles を 2.9.1 用に変更し,files/ を消して 2.9.1 を導入しました. こちらは動作します.
  3. xf86-video-vesa も正常に動作します.