top page > PC unix > here

FreeBSD/i386 8.4 on Endeavor NP25S (旧環境)


概要

FreeBSD/i386 8.4 にて ports を teTeX がある最後のもの (2014.6) に更新しました. その記録を提示致します.


目次

1. まえがき
2. dbus
3. firefox
4. libidn
5. gegl
6. X Window System

1. まえがき

ports に teTeX がある環境 (この頁では「旧環境」と称する) の,なるべく新しいものを残しておきたいので,ports を 2014.6.15 付のものに更新しました. (7 月以降の ports では texlive のみになります.)

その際,TeX には関係ないところでなのですが,いろいろとトラブルに逢いました. 以下にそれらについて述べます.

2. dbus

ports/devel/dbus が以下のようになって make できません.

/usr/local/bin/xmlto man dbus-cleanup-sockets.1.xml
I/O error : Attempt to load network entity http://docbook.sourceforge.net/release/xsl/current/manpages/docbook.xsl
warning: failed to load external entity "http://docbook.sourceforge.net/release/xsl/current/manpages/docbook.xsl"
compilation error: file /tmp/xmlto-xsl.2egITi line 4 element import
xsl:import : unable to load http://docbook.sourceforge.net/release/xsl/current/manpages/docbook.xsl

調べてみると,docbook に関連する ports を導入する順番により,この問題が生じたり生じなかったりするらしいです. 以下のようにしたら dbusmake できるようになりました.

# cd /usr/ports/textproc/docbook-to-man
# make install         既に導入されているならば,deinstall, reinstall する.

# cd /usr/ports/textproc/docbook
# make deinstall
# make reinstall

# cd /usr/ports/textproc/docbook-xsl
# make deinstall
# make reinstall

3. firefox

この ports においては,firefox は version 30.0 です. gcc 4.7 で make することができました.

起動直後に以下のようなメッセージが必ず出ますが,動作には影響ありません.

(process:1256): GLib-CRITICAL **: g_slice_set_config: assertion `sys_page_size == 0' failed

なお,firefox に関連する ports はすべて gccmake することができ,clang は必要ありませんでした.

ちなみに,FreeBSD/amd64 8.4 においては,gcc 4.7, 4.8, 4.10 で make することができませんでした.

# make MAKE_JOBS_UNSAKE=yes

も効かず,同じ gcc に対しては同じエラーで止まりました.
(参考までに,firefox-esr-24.1.0,1gcc 4.8 にて MAKE_JOBS_UNSAKE=yes なしで make することができました.)

これが理由で「旧環境」として FreeBSD/amd64 ではなく FreeBSD/i386 を選びました.

4. libidn

ports/dns/libidnghostscript9 等に関連して導入されます. make すると以下のようにエラーになります. (引用した一部の行が尻切れです.)

===>  Building package for libidn-1.28_1
Creating package /usr/ports/dns/libidn/work/pkg/libidn-1.28_1.tbz
Registering depends: gettext-0.18.3.1_1 libiconv-1.14_3.
Creating bzip'd tar ball in '/usr/ports/dns/libidn/work/pkg/libidn-1.28_1.tbz'
tar: share/emacs/site-lisp/idna.el: Cannot stat: そのようなファイルまたはディレ
tar: share/emacs/site-lisp/punycode.el: Cannot stat: そのようなファイルまたは

tar: Error exit delayed from previous errors.
pkg_create: make_dist: tar command failed with code 256
*** Error code 1

次のようにして make install をやり直します.

# cd ports/dns/libidn
# cp -p work/libidn-1.28/src/*.el work/stage/usr/local/share/emacs/site-lisp
# make install

(注) このエラーは必ず生じるわけではありません. ports の導入の順序等にもよるのかもしれません.

5. gegl

gimp を導入する際に関連する graphics/gegl の導入が始まるのですが,以下のように途中で止まります.

===>  Configuring for gegl-0.2.0_9
gegl-0.2.0_9: Needs graphics/graphviz with PANGOCAIRO support enabled.

この書き方だと,graphviz は導入されているけれども PANGOCAIRO が有効になっていないと解釈してしまいます. しかし,この点は問題ありませんでした. (PANGOCAIRO は default が「有効」です.)

一度 rehash すれば make を再開することができます.

# rehash
# make

6. X Window System

いつの間にか pcf font を導入する際に mkfontdir が実行されなくなってしまいました. その結果として fonts.alias が効かなくなりました. ~/.Xresources などでこの alias を用いて設定していると問題が生じます. 以下のように対処します.

# cd /usr/local/lib/X11/fonts/misc
# mkfontdir .
# cd /usr/local/lib/X11/fonts/100dpi
# mkfontdir .
# cd /usr/local/lib/X11/fonts/75dpi
# mkfontdir .

# xset fp rehash     または X Server を再起動する.

あるいは,設定の方を alias を使わない書式に書き直した方が合理的かもしれません.

この件は旧環境に限定した話ではなく,新環境でも同じことです.